サカイリユリカ Sakairi Yurika

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1988年生まれ。茨城県出身。桜美林大学総合文化学群演劇専修(8)卒業。

戯曲のブラッシュアップを目的とした劇作家のみの団体・戯曲本舗主宰。

日本劇作家協会会員。リーディング部所属。

 

『言語コミュニケーション』を学ぶことに興味を持ち、大学で演劇を専攻。

大学時代、劇団桃唄309の長谷基弘に師事。

ゼミと卒業研究で演劇企画集団ザ・ガジラの鐘下辰男に師事。

その後、劇団阿彌にて役者として舞台に立ち、岡村洋二郎より教えを受ける。

当時の経験は現在の作劇に色濃く影響している。

 

WS講師、自主企画でのリーディング・公演等の他、新作書き下ろしも行う。

「身体」に重きを置いた劇を描くことをモットーにしており、

抽象劇・身体性の強い作品・ヒューマンドラマを得意ジャンルとして、

観客の無意識や五感に響くような作品作りを心掛けている。

 

近年は劇作の他にも、詩、作詞、ラジオドラマ、コラム執筆など、

 ことばに関する創作を他分野に渡り展開中。